「障害者手帳でクラブに行ってみた!」~障がい者だって夜遊びしたい!~

この記事を共有

「障害者手帳でクラブに行ってみた!」~障がい者だって夜遊びしたい!~タイトル画像

ライター:わに

みなさん、こんにちは。「全力で仕事をして、全力で遊ぶこと」をモットーにしている”わに(仮称)”です。
障害者手帳は果たしてどこまで使えるのか・・・?それを知りたくて今回はクラブに行ってみました!

====

20時、華金(古いか・・・)の六本木に到着。目指すは六本木でも1・2を争う大箱。
クラブに入るには、まず入口でIDチェックがある。例えば運転免許やパスポート、学生証など「顔写真が載っていて、誕生日のわかるモノ」が必要となる

私はてんかんなので免許は持っていない。パスポートも持っていない。
私が持っている顔写真付きIDと言えば…そう、障害者手帳!
早速手帳を握りしめクラブへGO!

エントランスにはムキムキマッチョの黒人さん。


ムキムキマッチョな店員さんのイメージ


話通じるかな…?むしろ障害者手帳って知ってるのかな…?不安がよぎる。
しばらく並んで、いよいよ私の番。

障害者手帳を提示する。

黒人さんの目がギョロッ!(@口@)!!


にらむハシビロコウの写真


『What’s this?』


かなり怪しむような視線。睨みがきいてるーーーー。
睨みに負けじと!


「disability certificate!(障害者手帳!)」


つたない英語で障害者手帳だと伝えると、かなりびっくりしたような表情で


『Oh.OK,GO!』


入れたーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!


クラブ内の写真


手帳は身分証になるとは聞いていたけど、クラブまで入れちゃうんだ!すごい。

美術館や映画館や水族館、公共交通機関(一部)の割引などもある障害者手帳。
(※身体障害者手帳と精神障害者手帳では受けられるサービスが違うので要注意!)
穴場では、東京水辺ラインは本人と介助者1名は半額とのこと!水上ナイトクルーズで隅田川~東京港の夜景を楽しむなんてどうですか?

身分証に使うも良し、割引を受けるために使うのも良し、使い道は様々。
障害者手帳が使える施設や割引情報を検索できるサービスもあるので参考になれば・・・。

「障害者手帳で行こう!」
http://shogaisha-techo.fanweb.jp/

より楽しい休日が過ごせるように、これからもっと手帳を有効活用して、いろんな所に行こう!いろんな事を楽しもう!と思ったわにでした。

皆様も手帳の新たな使い道を探されてみてはいかがでしょうか?

この記事を共有

わに

ライター わに

17歳の時に側頭葉てんかんを発症、精神障害者手帳2級の障がい者。 酸いも甘いも経験してきた熟れ時アラサー女子。 「全力で働き全力で遊ぶ」がモットー。 誰彼構わず噛みつき周囲をヒヤつかせるため「わに」。 過激な記事を投稿しようとし編集長に止められるのが日課。

ブログ
公式HP
http://www.media116.jp/

このライターの記事一覧を見る

おすすめ記事

Media116とは?

アットジーピー

リンクビー

MENU
閉じる
ページの先頭へ戻る