【障害者手帳で0円おでかけ!】バリアフリー完備の有名紅葉スポットで秋を楽しむ!~関東編~

この記事を共有

ライター:Media116編集部

こんにちは、Media116編集部です。段々と寒くなり今年も紅葉の季節がやってきましたね。みなさんはどこの紅葉狩りに行きますか?今日はバリアフリー完備の有名紅葉狩りスポット関東編をご紹介します!よかったら週末の参考にしてくださいね。

【東京】国営昭和記念公園

国営昭和記念公園には様々な植物があり、これから楽しめるのは、カエデ類の紅葉、イチョウの黄葉、サザンカなどです。
カエデ類の見頃は11月上旬~11月中旬。今ちょうど色づき始めているそうです!
こんなに綺麗な紅葉が見られます。

日本庭園モミジ(昭和記念公園)

イチョウの見頃は11月上旬~11月下旬で、その時期にはイチョウの葉で一面になった黄金ロードを歩ける楽しみがあります。

イチョウ並木(昭和記念公園)

(画像提供:国営昭和記念公園)
なんて美しいのでしょうか!
このイチョウの黄金ロードを歩いていたら心が洗われそうですね。

入園料・駐車料金(無料)
障害者手帳提示で本人及びその付添人1名には入園料および駐車料が免除です。

バリアフリー情報

ガイドヘルプサービス

何より、国営昭和記念公園の凄いところはボランティアの方による公園を効率的に回るためのお手伝いサービスがあることです。ご案内の利用料金は無料です!日時が限られており予約は必要ですね。団体でもご利用可能で、不安な方には下見などもしてくれます。視覚障がいの方や車椅子の方には、園内移動のサポートを。聴覚障がいの方には、筆談、手話による案内などをしてくれるなんとも手厚いサービスです!これはうれしいですね!安心して楽しめそうです。

【神奈川】三渓園

175,000m2の広大な園内には京都や鎌倉などから移築された歴史的に非常に価値の高い建造物(重要文化財10棟・横浜市指定有形文化財3棟)があります。

三渓園の紅葉

紅葉以外にも見どころ満載ですね。

三渓園

園内には四季折々の植物が咲き乱れ、秋にはモミジ、イチョウ、ヒガンバナ、ハギが見られます。
これから見られるのは、イチョウ(11月中旬~12月上旬)、モミジ(11月下旬~12月中旬)です。


三渓園モミジ

(画像提供:三渓園)

入園料・駐車場料金・バリアフリー情報

入園料は無料ですが、駐車料金は有料です。

正門駐車場内、南門入口付近、中央広場、三溪記念館の4か所に、車いすのまま入れる広いスペースのトイレがあります。盲導犬、聴導犬も入園できますので、受付に伝えてくださいね。

【埼玉】国営武蔵丘陵森林公園

東京ドーム65個分の広さの公園です!園内ではアイスランドポピーやルピナス、羽毛ゲイトウ、コキアや赤ソバなど四季折々の植物がみられます。秋の見どころは「カエデ園」のライトアップです。約20種、500本のカエデがあり赤や黄色に色づく様々な品種のカエデの紅葉を楽しめます。11月中旬~12月初旬が見頃だそう。

紅葉ライトアップ

こちらがライトアップの写真です。ロマンティックですね!道は落ち葉などで少しデコボコしているかと思いますので、車椅子の方や下肢障がいの方は気を付けてくださいね。

紅葉ナイト

(画像提供:国営武蔵丘陵森林公園)

入園料・駐車場料(無料)・バリアフリー情報

障害者手帳で、賢く、楽しい秋を満喫しよう

今回はバリアフリー完備の人気紅葉スポットを3つご紹介させて頂きました。どこも非常に美しい写真ばかりでしたね!紅葉スポットというと、道が舗装されていなかったり、お手洗いが仮設であったり・・・と難しいスポットもあったりしますよね。その際には事前に電話で確認されてくださいね。ホームページには書いていない情報が聞けたりします。今回ご紹介した3つのスポット以外にも、手帳があれば無料で紅葉狩りを楽しめちゃうスポットは沢山あります。経済的に、賢い週末を送られてみてはいかがでしょうか?Have a nice weekend!

この記事を共有

Media116編集部

ライター Media116編集部

障がいのある方のためのライフスタイルメディアMedia116の編集部。障がいのある方の日常に関わるさまざまなジャンルの情報を分かりやすく発信していきます。

ブログ
公式HP
http://www.media116.jp/

このライターの記事一覧を見る

おすすめ記事

Media116とは?

アットジーピー

リンクビー

MENU
閉じる
ページの先頭へ戻る