1. Media116
  2. おでかけ
  3. 観光・人気スポット
  4. 車椅子で行く!バリアフリーなお花見スポット~東京23区内編~

車椅子で行く!バリアフリーなお花見スポット~東京23区内編~

この記事を共有

車椅子で行く!バリアフリーなお花見スポット~東京23区内編~

ライター:Media116編集部

春のうららかな季節の到来!そして桜が満開を迎えるお花見シーズンです。今年は例年よりも開花が早いと予測されていて、東京都内であれば3月18日ごろ。そこで、今回車椅子で行けるお花見おすすめスポット、ついでに立ち寄れるエンターテイメントな1日をご提案します!


桜 + 眺望・映画も楽しめる『六本木ヒルズ』

買い物やエンターテイメント、眺望など色んな楽しみ方ができる六本木ヒルズ。施設全体がバリアフリー化されていて、車椅子用のエスカレータの設置や各施設の障害者手帳割引もあります。日本のトレンドを発信するパワーあふれる場所で、桜とエンターテイメントを満喫できるおすすめコースをご紹介します。

六本木ヒルズ

【電車アクセス】
東京メトロ日比谷線「六本木駅」1C出口から直結
都営地下鉄大江戸線「六本木駅」3出口から約320m

六本木ヒルズホームページ

六本木ヒルズ・ユニバーサルガイド

東京メトロ「六本木駅」構内図


■『六本木ヒルズ』の桜情報
都内のお花見スポットとしても人気の毛利庭園と六本木さくら坂。毛利庭園に咲く8本のソメイヨシノは六本木ヒルズの開発前から根をおろす老木で、このエリアのシンボル的存在。また、六本木さくら坂にはソメイヨシノ75本が約400mの桜並木道があり、桜の開花にあわせライトアップも行われるから夜桜鑑賞もおすすめ。

■バリアフリー情報
(毛利公園)
「ヒルサイド」の東側にあり、舗装路が整備された回遊式庭園。4,300平方メートルと広大な敷地にある池の畔を車椅子で一周することが可能。

毛利公園

(六本木さくら坂)
「レジデンス」の南側にある桜並木道が続く閑静な散策路。坂道が厳しい方には坂のある路上以外にデッキ上やデッキと繋がる公園内からもお花見が可能。

六本木の桜


■あわせて見たいエンターテイメント
(東京シティビュー)
森タワー52F、海抜250mの屋内展望台。展望スペース内には段差がないので、車椅子での入場がスムーズ。窓枠も邪魔にならないので、車椅子の目線からも視界は良好。障害者手帳を提示すれば、通常入場料1800円が半額の900円(本人と同伴者1名まで)に。

(TOHOシネマズ六本木ヒルズ)
館内にある9つあるスクリーンすべてに、車椅子対応の座席が2席ずつ確保されています。障害者手帳を提示すれば、鑑賞料が1000円(本人と同伴者1名まで)に。


桜の名所『砧公園』+世田谷美術館

桜の名所として知られる都立の砧公園。約840本もの桜はまさに圧巻。公園内には建築家内井昭蔵氏設計によるバリアフリーの世田谷美術館があるので、桜をゆっくり堪能した後に美術館でゆったり過ごすリ心デトックスなおすすめコースをご紹介します。

【電車アクセス】
東急電鉄東急田園都市線「用賀駅」から東急コーチバス(美術館行き)「美術館」下車
小田急電鉄「千歳船橋」から東急バス(田園調布行き)「砧公園緑地入口」下車
※バスはすべて車椅子対応です

砧公園ホームページ

東急田園都市線「用賀駅」構内図

■砧公園桜情報
見渡す限り咲き誇る砧公園の桜。3月下旬から4月上旬にかけて公園内のありとあらゆる場所に植えられたカンヒザクラ、カワヅザクラ、オオカンザクラ、ソメイヨシノなど約840本の桜が次々に開花。自然いっぱいの広大な敷地なので車椅子でも十分楽しむことができます。

砧公園


■バリアフリー情報
駐車場と隣接している砧公園の東側の梅林は、全体がフラットな地形に舗装された園路なので、車椅子での散策もラクラク。西側が桜の名所で園内を流れる谷戸川に向けて西へ行くほど下り坂になる地形で、道幅は広く混雑時でも進みやすいのが魅力。砧公園内、公園駐車場内に車椅子用のトイレが設置。砧公園駐車場の料金は帳提示で無料。


■あわせて見たいエンターテイメント
(世田谷美術館)
都立砧公園の一角に佇む世田谷美術館には、1万5千点を超えるコレクションを収蔵。館内には多目的トイレや車椅子専用トイレ、車椅子用エレベータが設置されていて、障害者手帳を提示すれば本人の入館料500円、同伴者は無料に。

世田谷美術館

世田谷美術館ホームページ


桜とBBQが楽しめる『木場公園』+東京都現代美術館

水と緑の森林公園。ソメイヨシノとシダレザクラが植えられているバーベキュー広場では、バーベキューと花見が同時に楽しめるという人気のスポット。公園北側に位置する東京都現代美術館は車椅子にうれしい広々とした空間なので、満開の桜と現代アートで五感をたっぷり刺激するおすすめコースをご紹介します。

【電車アクセス】
東京メトロ東西線「木場駅」から約250m

木場公園ホームページ

東京メトロ東西線「木場駅」 構内図

■木場公園桜情報
深川エリアでは最大の都立公園。園内にはソメイヨシノとシダレザクラなど14種類約200本の桜が鑑賞できます。南地区にあるバーベキュー広場周辺にも桜が咲くので、仲間とバーベキューを楽しみながらの花見がおすすめ。

木場公園


■バリアフリー情報
木場公園内は緑化植物園も含め全体的に舗装された園路なので、車椅子の散策もスムーズ。公園の南北を繋ぐ大橋は全長250m、主塔の高さ60mの斜張橋で車椅子ではひと苦労なアーチではあるものの、坂を上ると待つのはスカイツリービュー。園内には多目的トイレが5箇所設置。木場公園駐車場の料金は帳提示で無料

■あわせて見たいエンターテイメント
(東京現代美術館)
木場公園内にある東京現代美術館には、東京都により収集された現代美術のコレクションを中心に展示。2016年3月5日(土)から5月29日(日)までの期間、「スタジオ設立30周年記念 ピクサー展」が開催。美術館はメインエントランス手前に階段10段分の緩いスロープがあり館内もバリアフリー。多目的トイレ、オスメイト対応トイレが設置されていて、障がい者手帳を提示すれば本人と同伴者(2名まで)の入館料が無料に

東京現代美術館

東京都現代美術館ホームページ



いかがでした?ご紹介した情報を参考に、一度シミュレーションして見てはどうでしょう。
車椅子でのお出かけは大変かもしれませんが桜の時期は1年に1度、混雑していない曜日や時間を狙って、是非ご検討ください。


この記事を共有

Media116編集部

ライター Media116編集部

障がいのある方のためのライフスタイルメディアMedia116の編集部。障がいのある方の日常に関わるさまざまなジャンルの情報を分かりやすく発信していきます。

ブログ
公式HP
http://www.media116.jp/

このライターの記事一覧を見る

おすすめ記事

Media116とは?

アットジーピー

リンクビー

MENU
閉じる
ページの先頭へ戻る