1. Media116
  2. その他
  3. 補装具(車椅子/補聴器など)
  4. 【前編】難聴でも「聴こえる」?!骨伝導イヤホンViboneがパワーアップしたので試してみた!

【前編】難聴でも「聴こえる」?!骨伝導イヤホンViboneがパワーアップしたので試してみた!

この記事を共有

ライター:キクチ

こんにちは、片耳難聴のキクチです。
生まれつき右耳が聞こえない私。「1回でも良いから両耳で音を聞いてみたいな〜。どんな感じなんだろう〜?」と思い続けていたら…つい最近ソリッドソニック(株)の「Vibone Nezu(バイボーン ネズ)」という製品を使うことで、なんとそれが実現しました!
今回はVibone Nezuをさまざまな状況で使用してみましたので、レビューをシェアさせていただきます。

「聴こえなかった人が聴こえる」、Vibone Nezuとは

そもそも「Vibone Nezu」とは何か。この話をするには「Vibone Nezu」の前身である「Vibone」を説明する必要があります。「Vibone」はソリッドソニックより“聴こえなかった人が聴こえる”をコンセプトとして開発された骨伝導イヤホンです。 “骨伝導を科学で極め、難聴者でも聞こえやすいイヤホン”、これが「Vibone」でした。
そして今回のVibone Nezuは、Viboneの画期的なテクノロジーを踏襲しつつ、新たに高性能マイク機能を搭載した骨伝導集音器となっており
「周囲の音」や「音楽プレイヤーの曲」まで耳に届けられるように進化し、製品化されました。

※前回試用した「Vibone」のレビュー記事もございます。
聴こえなかった人が聴こえるイヤホン!?Vibone(ヴィボーン)って、なんぞや…



ph_04

ph_05

レビュー前に…私の難聴の度合いについて

「骨伝導だから感音性難聴は無理でしょ?」「私は重度の難聴だからきっと聴こえない」…と、そんな声が聞こえてきますね。(どこから?)私も試す前はそう感じていました。だって私の聴力はこんな感じ。

キクチの聴力

いくらViboneがパワーアップしたからって、結構頑張らないと聞こえないんじゃないかな〜?って思っていました。

でもまぁ…とりあえず使ってみた

そんなこと思っていたって、実際のことは試してみないとわからない!ということで、Nezuを使ってみました。パッケージや本体の見た目はこんな感じ。

Nezuパッケージ外観

首からかけてみた

スタイリッシュでかっこいい…!

身に着けるものなので、やっぱりデザインは大事ですよね。ただ、集音器は首にぶらさげるものなので目立つかな〜?と心配していたのですが、着けてみると「イヤな目立ち方じゃない」です。他の人にも見てもらいましたが「馴染んでるよ!」と言ってもらえました。
さて、使用にあたって最も大事なのがイヤホン装着時のフィット感だそう。私は下記の装着方法動画を見ながらはめてみました。

▼【Vibone Nezu】取扱説明ムービー
https://youtu.be/VRU_gatHeqU

はめてみた

こんな感じです。イヤホンのパーツがS、M、Lまであるので自分の耳のサイズに合ったものを色々試すと良いそうです。ポイントは「圧迫がなく、かつ緩くもないもの」とのこと。

色々なシチュエーションで使ってみよう

装着が完了したので、早速使います。まずは室内の静かな空間で周囲の音が聴こえるか試してみました。

室内で試してみた

きこえたぞ!

なんと聴こえました!しかも前回の「Vibone」よりはるかに聴こえやすくなっています。すごいぞソリッドソニックさん…!続いてPCにつなげて動画や音楽を試聴してみます。(PC等に繋げるには別途3.5㎜ステレオミニプラグの用意が必要です)

PCにつなげてみる

こちらも問題なく聴こえました。最後に外でも使用してみます。

外人出て試してみる

こちらも聴こえるは聴こえますが、実用を想定して耳栓を着用せず使用すると、やはり聴こえの度合いは健聴耳>難聴耳となり、難聴耳で聞いている感覚はほぼゼロになります。
しかし、何度もVibone nezuを使用すれば難聴耳で聞く感覚に慣れてくるということなので、日頃からの使用が重要とのことでした。

もっと詳しい感想は次回。そして今なら1週間レンタルもあり!

今回はVibone Nezuの基本的な使用についてのレビューでした。次回は片耳難聴ならではの視点でさらに深掘りしてレビューしていきたいと思います。

また、今ならなんとVibone Nezuを1週間お試しレンタルできます!
気になった方は詳しくは下記のURLからご覧ください。

・レンタルページのリンク

・ソリッドソニック公式HPリンク

この記事を共有

katamimi-KIKUCHI

ライター キクチ

1993年生まれ。幼児期に「右耳が全く聞こえていない」と病院で診断され片耳難聴が発覚。 以降片耳の聴力が無いまま、日々ちょいちょい工夫しながら生きる。 現在はデザイン事務所で社会人として働く傍ら、片耳ライフを漫画でゆるく楽しく描いている。

ブログ
公式HP
https://twitter.com/kkc_ayn

このライターの記事一覧を見る

おすすめ記事

Media116とは?

アットジーピー

障害別専門支援の就労移行支援サービスアットジーピージョブトレ。障害に特化したトレーニングだから働き続ける力が身につく。職場定着率91パーセント。見学・個別相談会開催中!詳しくはこちら。

MENU
閉じる
ページの先頭へ戻る