双極性障害、発病のきっかけは・・・【漫画家おゆみパイの発病体験記】

この記事を共有

双極性障害、発病のきっかけは・・・【漫画家おゆみパイの発病体験記】

ライター:oyumi

こんにちは、おゆみパイです。今回も恋愛関係を描こうと思ったのですが、お先に双極性障害を患った時の私のエピソードについて描いてみました。前回うつ病を発症した時とはまた違い、今度は仕事が原因によるものです。発病時の体験を主に描いてありますので、何かためになるものではないかもしれませんが、こういうケースもあるということが伝わったら、と思います。











さて、いかがでしたでしょうか?コマが足りなかったため、具体的な発病時の対策法だったり詳しい躁エピソードについて描ききれませんでしたが、そのことについてもまた描いていこうと思っています!

うつ病や統合失調症に比べ、双極性障害の”躁状態”というのは本人も自覚がなく、他人も病気だと気付けない場合があります。
また、私のように「うつ病が治った!」と思っていたのに、しばらくしてから躁転してしまう人もいます。(医師によると、私の場合この可能性が大きいようです。)

心当たりがある方、くれぐれも我慢して一人で抱え込まず、ご相談を。。それではまた次回!

この記事を共有

oyumi

ライター oyumi

(名前 oyumi)1993年3月26日生まれ。高校1年生の時にうつ病になり、一時治ったもののその3年後に躁転し、双極性障害を発病。今はこうして時たま漫画やライターのお仕事を頂いてやらしてもらっています。

ブログ
公式HP
http://vaginally.hateblo.jp/

このライターの記事一覧を見る

おすすめ記事

Media116とは?

アットジーピー

リンクビー

MENU
閉じる
ページの先頭へ戻る