1. Media116
  2. おでかけ
  3. 観光・人気スポット
  4. 今年はどこ行く?クリスマスに行きたいバリアフリースポット3選!

今年はどこ行く?クリスマスに行きたいバリアフリースポット3選!

この記事を共有

ライター:Media116編集部

みなさんこんにちは!Media116編集部です。今年もクリスマスが近づいてきましたね。ご友人や恋人と過ごされる方、家族と過ごされる方、またはひとりの時間を満喫される方、皆さんはどう過ごされますか?今回はたっぷりクリスマス気分を味わえるようなバリアフリースポットをご紹介します!

屋内でロマンチックを満喫する!「マクセル アクアパーク品川」

Jellyfish-Ramble

(写真提供:マクセル アクアパーク品川)

「マクセル アクアパーク品川」はなんと品川プリンスホテル内にありながら、イルカショーなども楽しめる本格的な水族館。オススメなポイントは、駅から到着までほぼバリアフリーでたどり着けるというところです。品川プリンスホテル内を通り抜けて、エレベーターで上がれば雨に濡れずに移動できます。
アクセス

そんな立地抜群の「マクセル アクアパーク品川」ではクリスマスに合わせて「輝きにつつまれる、星空の海へ」というテーマで昼と夜どちらもロマンチックに楽しめる仕様になっています。プロジェクションマッピングなどを使用した幻想的な空間の演出で、「海の世界にきらめく星空」を描いたクリスマスイベントです。

BRIGHT-SKY-STREET
(写真提供:マクセル アクアパーク品川)

昼はロック調にアレンジされたクリスマスソングにのせてお届けする、にぎやかなイルカのパフォーマンスが見られます。明るく楽しいクリスマスを過ごせそうですね。

デイパフォーマンス「Jingle-Rock」
(写真提供:マクセル アクアパーク品川)


ロマンチックなクリスマスにしたい!という方にオススメなのは夜のイルカショー「Bright Christmas」がオススメ。昼とは全く違う顔を見せるのです。クリスマスが近づいてくるような音とともに会場全体がいくつもの星に包まれ、五感全てでクリスマスロマンスを感じられます。

ナイトパフォーマンス「Bright Christmas」
(写真提供:マクセル アクアパーク品川)

イルカのパフォーマンスで盛り上がった後は海の世界に星空広がるカフェバー「SHINY STARRY BAR」で輝く星につつまれながら季節限定のクリスマスドリンクで乾杯なんていかがでしょうか?テーブルが水槽になっているので、話題に困ることなくゆっくりと二人の会話を楽しめそうです。

SHINY-STARRY-BAR
オリジナルドリンク集合
(写真提供:マクセル アクアパーク品川)

バリアフリー面も整っていて、無料の車イスの貸し出し(台数に限りあり・予約不可)があったり、館内はエレベーターや車イス専用昇降機、スロープなどを設置してある上に、盲導犬、介助犬の入場も可能ですので安心して楽しめます。

■開催期間:2018年11月10日(土)~12月25日(火)
■時間:10:00~22:00 ※最終入場は閉館の1時間前
■入場料:大人2,200円、小・中学生1,200円、4才以上の幼児700円
身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳を持っている当事者と同伴1名は入場料金が半額になります。
■定休日:無休
「マクセル アクアパーク品川」公式URL

クリスマスだって映えたい!女子友と行く「ガールズ・スイーツコフレ」~クリスマスデザートビュッフェ~

ヒルトン東京お台場では、11月1日(木)から12月28日(金)まで「シースケープ テラス・ダイニング」にて、「ガールズ・スイーツコフレ」~クリスマスデザートビュッフェ~」を開催しています。

「ガールズ・スイーツコフレ」~クリスマスデザートビュッフェ~-
(写真提供:ヒルトン東京お台場)

女子の皆さんはクリスマスコフレを購入されるかたもいらっしゃると思います。こちらのクリスマスデザートビュッフェに出てくるスイーツはまるでコフレ(宝石箱)のようにキラキラしていて、女の感性をくすぐられるようなものばかり!「食べるのがもったいない!」と思ってしまいそうなくらい素敵なスイーツに出会えます。

ロマンティックな花嫁のように-ピンクドレスのストロベリーシフォンケーキ
「ひとめぼれ」が花言葉-1輪のローズカップケーキ
(写真提供:ヒルトン東京お台場)

フォトスポットではピンクに染まったカワイイクリスマスツリーや、等身大のプレゼントボックスに入って撮影ができるセットがあります。スイーツとともに映えること間違いなしです。また、期間中にピンクやリボンなどのアイテムを身に着けて来店すると、スペシャルドリンクがプレゼントされます。
眠れないほどドキドキして-バニラとチョコレートクリームギフトボックスケーキ-
(写真提供:ヒルトン東京お台場)

さすが一流ホテル、バリアフリー面もしっかりしていてホテル内にはスロープが完備されており、かつ車イス用トイレもホテル2階(クリスマスデザートビュッフェが開催される階)にあります。レストラン内もスロープがあり移動には困りませんが、ビュッフェ台が車イスの位置よりも高いこともあるのでその際にはお店の方がお手伝いしてくださります。ホテルまでは補助犬の同伴が可能です。同伴を希望の場合、事前に予約の際に伝えてください。

■会場:ヒルトン東京お台場「シースケープ テラス・ダイニング」(2階)
■開催期間:2018年11月1日(木)~12月28日(金)
■時間:1部:15:00~16:30 (90分)、2部:16:45~17:30 (エクスプレスビュッフェ45分)
■料金:1部:平日 お一人様 3,500円,お子様2,100円,土日祝 お一人様 3,900円,お子様2,340円,2部:平日 お一人様 2,400円/お子様1,440円,土日祝 お一人様 2,800円/お子様1,680円 ※税金・サービス料別途 ※お子様は6歳~11歳
「ガールズ・スイーツコフレ」~クリスマスデザートビュッフェ~」公式ページ

クリスマスと誕生日が一緒に来る!?東京タワーウィンターファンタジー~オレンジ・イルミネーション~

東京のシンボルと言ったら東京タワー!と、一番に思い浮かぶ方も少なくないはず。その東京タワーは、今年12月23日に開業60周年を迎えます。これまで温かで優しい「インターナショナルオレンジ」で東京の夜景を彩ってきました。今年のクリスマスには、そのオレンジ色に輝く東京タワーの真下で、約73,000個のLEDに彩られた「オレンジ・イルミネーション」が開催されます!

R6A1517

(C)TOKYO TOWER

そして東京タワーの足元には群馬県嬬恋村から陸送した、東京タワーと同い年の樹齢60年の"生のモミの木"のメインツリーが登場します!なんと高さは11m。ツリー周辺ではクリスマス期間限定で「ロクゼロガーデン・ライティングショー」というイベントも。毎日16時~22時まで、毎時2回(00分と30分、約10分間)、冬の雰囲気に合う楽曲に合わせ、オレンジ色・シャンパンゴールド・赤色・白色・青色・緑色の6色の光が明滅し、クリスマスムードを更に高めてくれます。ミニ東京タワーオブジェやベンチなどが置いてあり、写真を撮るのも楽しくなるような工夫が凝らされています。

R6A1593
R6A1588
(C)TOKYO TOWER

また、ツリーの鉢部分にはフォトステージが設置されています。早速SNSにあげたくなりますね!

外のイベント会場はアスファルトになっていて、段差はありません。もし夜景を見たいとなってもバリアフリー面も充実しているので安心して楽しめます。入口からメインデッキ(大展望台)エレベーターまではバリアフリーでご案内致します。エレベーターはメインデッキ2階に到着致します。メインデッキ1階へ移動の際は、お近くの係員まで伝えてください。台数に限りがありますが、レンタル車イスは5台ご用意してありますので、こちらも係員まで伝えてくださいね。盲導犬・介助犬・聴導犬の入館もOK。だれでもトイレはフットタウン1階と2階にあります。また、地下1階に医務室があり9:30~17:50までは看護師が在中しているのでもし具合が悪くなってもかけこむことができます。
バリアフリー情報はこちら

■開催期間:2018年11月2日(金)~2019年2月28日(木)
■点灯時間:16:00~23:00(~11月30日)、12:00~23:00(12月1日以降)
■開催場所:1階正面玄関前広場
■期間中の毎日 16:00~22:00 の毎時00 分と 30 分に「ロクゼロガーデン・ライティングショー」を実施します。(最終回22:00~)1 回あたり約 10 分間のライティングショーです。
■料金:屋外のクリスマスイベント会場は無料
メインデッキ(150m)に昇る場合、窓口にて手帳を提示すると本人及び介助者1名まで半額になります。施設職員の方は障がい者の方と同数まで半額料金となりますが、超えた人数分は通常料金となります。
大人 (高校生以上)900円→450円(半額)
子供 (小中学生) 500円→250円(半額)
幼児 (4歳以上) 400円→200円(半額)
団体割引の適用はありません。
東京タワー公式ページ

さて。今年のクリスマスはどう過ごしましょうか?魅力的なイベントがたくさんで迷ってしまいますね。皆さんの思い出に残るクリスマスになりますように!Merry Christmas!

この記事を共有

Media116編集部

ライター Media116編集部

障がいのある方のためのライフスタイルメディアMedia116の編集部。障がいのある方の日常に関わるさまざまなジャンルの情報を分かりやすく発信していきます。

ブログ
公式HP
http://www.media116.jp/

このライターの記事一覧を見る

おすすめ記事

Media116とは?

アットジーピー

リンクビー

MENU
閉じる
ページの先頭へ戻る