1. Media116
  2. おでかけ
  3. 観光・人気スポット
  4. インドアさんにオススメ!今年はバリアフリー対応の静かな場所で桜を楽しむ♡

インドアさんにオススメ!今年はバリアフリー対応の静かな場所で桜を楽しむ♡

この記事を共有

ライター:Media116編集部

みなさんこんにちは!Media116編集部です。今年もお花見の季節がやってきましたね!みなさんはどこにお花見に行かれますか?今年、編集部が提案したいのは「インドア花見」です。インドアでお花見?と思われた方、是非チェックしてみてくださいね!

お花見は楽しいけど…正直結構辛い!

満開の桜の下で友人や家族、恋人と乾杯をする…とても幸せな瞬間ですよね。でも電車移動や人混み、場所取りに重い荷物、長蛇の列のお手洗い、段差や砂利道…などなど、お花見には結構大変な苦労がつきものですよね。

「そこまでできる気力はないけど、お花見はしたい!」という方にオススメなのが「インドア花見」です。バリアフリーの整った室内で人混みに揉まれることもなく、静かにゆったりとお花見を楽しむことができる!そんな場所を今回はご紹介していきたいと思います。

桜の見えるレストランで優雅にお花見

バリアフリー充実の東京ミッドタウン内のレストランで、桜を見ながら食事なんていかがでしょう?車いすでも楽に移動できるよう、館内はほとんどバリアフリー。(3Fの一部にある段差には車いすでもスムーズに乗り降りできる昇降機を設置してあります。)

桜の見えるレストランのテラス席からはレストランごとに景色は変わりますが、このような桜並木が楽しめます。

blossom2018

桜を見ながら食事ができるレストランは12店舗あります。営業時間や予約の電話番号などは各店舗名をクリックして詳細を確認してみてくださいね。※席によっては桜が見えない可能性もあるので、各店舗に予約の際事前にお問い合わせを。

・フレンチレストランArtisan de la Truffe Paris
・カジュアルフレンチグリル&ワインバー GRILL&WINE GENIE'S TOKYO
・中国料理SILIN 火龍園
・和食 酢重ダイニング 六角
・鉄板焼 鉄板焼ステーキ 喜扇亭
・インド料理 NIRVANA New York
・カジュアルイタリアン KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA
・イタリアン Pizzeria-Trattoria Napule
・アメリカン Union Square Tokyo

・新和食 HAL YAMASHITA 東京
HALYAMASHITA東京
「夜桜」
トマトと雲丹のソースやマッシュポテトにもロゼを使用し料理全体にロゼをまとった桜鯛の一皿をはじめとする全9品に、ロゼのグラスをセットにした春のコース(税込1,4900円)※サービス料別

・フランス料理 フィリップ・ミル 東京
フィリップ・ミル東京
「MENU SAKURA」
総料理長フィリップ・ミルが日本の桜からインスピレーションを得て考案した料理。“桜”をイメージした料理は、まるでテーブルに花が咲いたような美しさ。ロゼシャンパンのグラスをあわせた全5品の東京ミッドタウン店限定コースです。セットのグラスに加え20種類以上のロゼ・ボトル・シャンパーニュをご用意。(税込み18,360円)※サービス料別

・和食 宮川町 水簾
宮川町水簾
「ロゼワイン付お花見弁当(季節の一品付き)」※ロゼは当日の入荷状況により提供
繊細な味と見た目の美しさに、春の息吹を感じるお花見弁当。一品一品丁寧につくられた料理に、ロゼワインまたは、ロゼスパークリング1杯を。(税込み5,454円)※サービス料別

バリアフリー面では、車いす対応トイレやオストメイトに対応した設備のあるトイレ(ガレリア2F、タワー B1の2カ所に設置)、介護用に利用できる折りたたみシートを設置したトイレ(ガレリア1F、3Fの2カ所に設置)なども。

車いすユーザーだけではなく視覚障がいがある方も安心して利用できるよう、手すりや鏡、点字案内を設置しているエレベーターもあり、聴覚障がいのある方への配慮としては筆談器の用意があります。バリアフリー充実で安心してお花見が楽しめるスポットです。

また、東京ミッドタウン全体としてはミッドタウン・ガーデンさくら通り沿いエリアにてザ・リッツ・カールトン東京運営、CHANDON協賛で「CHANDON Blossom Lounge」のイベントが開催中。ザ・リッツ・カールトン東京が手がける料理と、 プレミアム スパークリングワイン シャンドンとのマリアージュを楽しめる、贅沢な春のテーブルが用意されています。今回はインドアお花見をご提案していますが、「やっぱり桜の下で美味しいお酒が飲みたい!」という方はこちらも参加されてみてくださいね。

【イベント詳細】
2019年3月15日(金)~4月14日(日)の12:00~20:00(L.O.19:30)
※毎週金曜・土曜、桜の満開時期は21:00まで(L.O.20:30) 、100席程度
※荒天中止
詳しくはこちらでチェック!

360度桜に囲まれる!最新技術を使ったお花見

マクセル アクアパーク品川では2019年3月2日(土)~2019年4月21日(日)の期間、「SAKURA AQUARIUM Directed BY NAKED(サクラアクアリウム ディレクテッド バイ ネイキッド)」と題して最先端のテクノロジー使ったお花見イベントを開催しています。

品川駅前の好立地!22時までの営業時間!なので、昼間や休日はもちろん、ふと思い立った平日の夜からのレイトナイトお花見も可能。快適な屋内で、天候や開花にも左右されないまさに理想の「インドアお花見」です。最先端テクノロジーによって描かれる、繊細かつダイナミックな満開の桜が海の世界に広がる、日常では決して見ることができない幻想空間です。

マクセル アクアパーク品川名物のドルフィンパフォーマンスはデイ&ナイトで演出が分かれているので、2度足を運びたくなるでしょう。スタジアム型の会場が無数の花びらにつつまれナイトタイムにはこのように(デジタルサラウンドとともに)唯一無二の“360度お花見体験”をさせてくれます。

夜
昼

デイタイムでは観客が着席のままできる簡単な手振りでダンスに参加し、一緒に盛り上がることができます。

疲れたら発光サンゴの水槽が連なるカフェバーで一休み。満開の桜によってほの明るく感じられる夜の桜の幻想的な様子を演出しています。
【カフェバー】花灯
お花見のお供として欠かせない飲食メニューも充実。華やかな「オリジナルドリンク」と「和スイーツ」で、味覚にも春をお届け。館内の持ち歩きも可能なのでインスタ映えのアイテムとしても!「SAKURA AQUARIUM」 限定メニューもあり、目でも味でも楽しめます。
【限定メニュー】集合
そしてクラゲ展示の大空間「JellyfishRamble(ジェリーフィッシュランブル)」では、壁と天井が鏡面になっている大空間に7個の円柱水槽と全面クリスタルのシンボリック水槽でクラゲを展示するゾーン。
Jellyfish Ramble
無数に散りばめられたラ灯りが音楽に合わせてカラフルに空間を彩ります。
3分おきにピンクとブルーを基調に夜桜を表現した「SAKURA AQUARIUM」限定の幻想的なプログラムが楽しめます。

■営業時間
イベント期間【2019年3月2日(土)~2019年4月21日(日)】
10:00~22:00 ※最終入場は、閉館時間の1時間前です。
■入場料金
おとな(高校生以上)2,200円
小・中学生1,200円
幼児(4才以上)700円
身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳を持っている当事者と同伴1名は入場料金が半額になります。
■定休日:無休

「マクセル アクアパーク品川」が「インドアお花見」に最適な理由の一つが、その好立地。品川プリンスホテル内にあるので、駅から到着までほぼバリアフリーでたどり着けます。品川プリンスホテル内を通り抜けて、エレベーターで上がれば雨の日でも濡れずに移動できます。バリアフリー面も整っていて、無料の車イスの貸し出し(台数に限りあり・予約不可)があったり、館内はエレベーターや車イス専用昇降機、スロープなどを設置してある上に、盲導犬、介助犬の入場も可能ですので安心して楽しめます。

バリアフリー面でアウトドアでのお花見が難しい方も、花粉症の方も、インドアお花見で存分に春を感じましょう!


この記事を共有

Media116編集部

ライター Media116編集部

障がいのある方のためのライフスタイルメディアMedia116の編集部。障がいのある方の日常に関わるさまざまなジャンルの情報を分かりやすく発信していきます。

ブログ
公式HP
http://www.media116.jp/

このライターの記事一覧を見る

おすすめ記事

Media116とは?

アットジーピー

リンクビー

MENU
閉じる
ページの先頭へ戻る