1. Media116
  2. 仕事, 教育, 恋愛, 結婚
  3. 自分でできることも楽しいし、助け合うことも楽しい!

自分でできることも楽しいし、助け合うことも楽しい!

この記事を共有

ライター:Media116編集部

こんにちは、Media116編集部です。
今回は電動車椅子ユーザーであり、2児のママである
コラムニスト伊是名夏子さんに「我が家のふたりの子どもの、好きなこと」
というテーマで寄稿して頂きました!

伊是名夏子
著書「ママは身長100cm(ハフポストブックス)」。
コラムニスト、1982年生。沖縄生まれ、沖縄育ち、神奈川県在住。東京新聞・中日新聞「障害者は四つ葉のクローバー」を連載中。 骨の弱い障害「骨形成不全症」で電動車いすを使用。身長100cm、体重20kgとコンパクト。右耳が聞こえない。6歳と4歳の子育てを、総勢15人のヘルパーやボランティアに支えながらこなす。 早稲田大学卒業、香川大学大学院修了。アメリカ、デンマークに留学。那覇市小学校英語指導員を経て結婚。 「助け合う」をテーマに16歳からの講演は100回以上。ファッションショーや舞台でも活躍中。 好きなことは、パンダ、体と環境にいいこと、性教育。

彼の夢はレストランのシェフ!!

今年の春から小学1年生になる息子は料理が大好き。私と夫が起きる前に、冷蔵庫にあるおかずをお皿に盛り付けたり、サンドイッチやおにぎりを作ったり。冷凍のフライドポテトにチーズやふりかけをかけてオーブンで焼きにする創作料理も。見た目にもこだわるので、とてもきれいです!
息子が1歳半の時、私は二人目妊娠中で、朝早く起きる彼の相手がつらかったのです。そこで考えました!夜寝る前に、リビングにお菓子の入ったタッパーをセットしておき、翌日朝起きたら、一人で食べてもらうのです。乳児を一人きりにして食べさせるのは危ないので、私は布団でゴロゴロしながら様子をうかがいます。朝のおやつが毎日の日課になった今では、一人でキッチンに行き、自分が食べたいものを選ぶのが楽しみのようです。
そんな彼の夢はレストランのシェフになること。私が「楽しみだな!ママが言ったらまけてくれる?」と聞いたら、「それはちょっとわからないな。でも障害者割引ならあるよ」と教えてくれました、笑。電車や美術館などにある障害者割引が彼にとっては身近なようです。またシェフ以外にも、車掌や、化石を顕微鏡で研究する人などいろいろやりたいことがあるようです。彼が大人になる頃は、ダブルワーク、トリプルワークが当たり前の時代かもしれないので、マルチに成長してもらいましょう!

息子がひな祭りに盛り付けたちらし寿司

天真爛漫!コミュニケーション力高いムスメ!

4歳の娘は表現豊か。自分で歌を作り、踊りを考え、着るものにもこだわります。独自のセンスは特には志茂田景樹先生をも超えるファッションで、ノリノリに、時にはムードたっぷりで、歌って踊ります。運動神経もいいので、4歳の誕生日にもらった自転車が1日にして乗れるようになり、お遊戯で先生に指示された動きもすぐにできるのです。でも言われた通りにするのはつまらないようで「あぁめんどくさい。やってみて、って言われるからやっているだけ」という生意気な一面も。
そんな彼女は空気を読む力も長けていて、泣いている子がいたら「どうしたの?」とすぐに近寄って声を掛けます。私が家の中で探し物をしていたら、すぐに気付いてくれ「ママ、どうしたの?一緒に探してあげる」と手伝ってくれます。(実際には探しながら、自分のおもちゃを見つけて遊び始めるので、即戦力にはならないのですが、笑)また、兄が一人でトイレに行くのが怖い時は「一緒に行ってあげる」と動いてくれるので大助かりです。コミュニケーション力が高く、公園でも「仲良くしよう!一緒に遊ぼうと」と初めて見る人に声を掛け、人を信頼して、繋がる力に長けています。そんな愛嬌たっぷりの姿が頼もしくも、羨ましくもなります。

スカートや重ね着にこだわりがある娘

助け合いが当たり前になる毎日を

わが子、二人を見ていると、助け合う天才だな、とつくづくと感じます。
自分でご飯を食べたり、お出かけの準備はスローペースなのに、「ママ手伝ってあげる」と言いながら率先して、髪をといてくれたり、物を取ってきてくれたり、荷物を持ってくれるからです。ありがたいし、面白いのですが、時間もないのだから自分のことを先に終わらせてよ、とイライラすることもあります。でも人の役に立つことが嬉しいという気持ちは、大切にしたいです。

そして相手を助けてあげることと同じくらい、自分が困った時は「助けて!手伝って!」とまわりに言えるようになってほしいな。助けてあげるばかりだと、時にはやりすぎて、おせっかいになってしまうこともあるからです。だからこそ、助けてもらう経験をすることが大事!助けてもらったことで、「あぁこうやって助けてあげるといいんだな」とわかるでしょう!?
苦手なことを克服することも時には大事だけれども、ヘルプサインを出して、まわりも頼ることも賢い方法。誰かと一緒に生きていく安心感、楽しさがあって、助け合いが当たり前になる毎日をみんなでつくっていきたいです。
 

ママは身長100cm(ハフポストブックス)
通販・電子書籍でも購入可能。

≪Media116では皆さんからのお声を募集しています!≫

「こんな記事を載せてほしい!」「自分の障がいに関する体験を皆に共感して欲しい!」「次の記事にこんなアイデアはどう?」などなど、障がいに関わるコトであれば何でもOKです!ご連絡は長文ではなく一言、二言でも大丈夫です。もちろん記事の感想もお待ちしております!是非お気軽にご意見を聞かせてくださいませ。
問い合わせ先など詳しくは下記よりご確認ください。
「載せて欲しい・調べてほしいコト」Media116への掲載希望ネタ大募集!
ご連絡お待ちしております!

http://www.media116.jp/other/738

この記事を共有

Media116編集部

ライター Media116編集部

障がいのある方のためのライフスタイルメディアMedia116の編集部。障がいのある方の日常に関わるさまざまなジャンルの情報を分かりやすく発信していきます。

ブログ
公式HP
http://www.media116.jp/

このライターの記事一覧を見る

おすすめ記事

Media116とは?

アットジーピー

障害別専門支援の就労移行支援サービスアットジーピージョブトレ。障害に特化したトレーニングだから働き続ける力が身につく。職場定着率91パーセント。見学・個別相談会開催中!詳しくはこちら。

MENU
閉じる
ページの先頭へ戻る